【初心者向け】英語の助動詞全12種類の一覧と使い方

アイキャッチ

こんにちは、英語チューターTAKAです。

英会話でよく使う品詞に、『助動詞』があります。

助動詞は動詞の前に置かれ、動詞になんらかの意味を付け足すことができます。

このページには、英会話上達のために覚えておくべき助動詞一覧と、それぞれの持つ意味、そして助動詞全般に関するルールをまとめました。

助動詞一覧

以下が、英会話で使う可能性のある助動詞全12個の一覧です。

なお、中には他の助動詞と併用できるものもあるので、そちらも併せて記載しました。

助動詞一覧表

※be able to, have to, used to の3つは、厳密には助動詞ではありません。しかし、実際の会話では助動詞と同じような働きをするので、当ページではこの3つを他の助動詞と同様に扱います。

ではここからは、それぞれの助動詞の意味を解説します。

can

意味1、~できる

(能力的に)~できる」と言うときに使えます。

肯定文
He can play guitar.
彼はギターを弾くことができる

否定文
He can not play guitar.
彼はギターを弾くことができない

疑問文
Can he play guitar?
彼はギターを弾くことができますか

否定の can not は、can’t と短縮することも可能です。

意味2、~になりうる

物事や状況が可能性的に起こりうる場合に、「~になりうる」という意味を表すことができます。

肯定文
Swimming in the sea can be dengerous.
海で泳ぐことは危険になりうる

否定文
This can not be true.
これは本当になりえない。(≒これが本当なわけがない。)

疑問文
Can sunburn be bad for health?
日焼けは健康に悪い影響を与えうりますか

意味3、~してもよい

「~してもよい」と、許可を与えることができます。

肯定文
You can play here.
ここで遊んでもいいわよ。

否定文
You can not play here.
ここで遊んではいけません

疑問文
Can I play here?
ここで遊んでもいい

否定文にすると「~してもよくない」→「~してはいけない」という禁止の意味、

疑問文にすると「~してもよいですか?」という許可を求める意味になります。

be able to

意味1、~できる

(能力的に)~できる」と言うときに使えます。

肯定文
He is able to play guitar.
彼はギターを弾くことができる

否定文
He is not able to play guitar.
彼はギターを弾くことができない

疑問文
Is he able to play guitar?
彼はギターを弾くことができますか

canbe able to の違い

be able to は「(能力的に)~できる」という意味でのみ使えるのに対し、 can は「(能力的に)~できる」、「(可能性的に)~になりうる」、「(許可として)~してもよい」など様々な場面で使うことができます。

一方、can は現在の時制でしか使えないのに対し、 be able to はどんな時制でも使うことができます。

例:
過去形
When I was a child,I was able to run very fast.
僕が子供のころは、とっても速く走ることが出来たんだ。

未来形
If you keep studying,you will be able to speak English soon.
勉強を続けていれば、すぐに英語が話せるようになるよ。

どちらにも一長一短があるので、場面に応じて両方を使い分けられるになっておきましょう。

could

意味1、~できた

can の過去形として、「(能力的に)~できた」と言うときに使えます。

肯定文
He could play guitar when he was young.
彼は若いころ、ギターを弾くことができた。(≒今はできない)

否定文
He could not play guitar when he was young.
彼は若いころ、ギターを弾くことができなかった。(≒今はできる)

疑問文
Could he play guitar when he was young?
彼は若いころ、ギターを弾くことができましたか

意味2、~かもしれない

未来になにかが起こりうる可能性があるときに、「~かもしれない」という意味を表すことができます。

「~になりうる」のcan と全く同じ用法ですが、can よりも could の方が実現の可能性が低く、曖昧なニュアンスがあります。どちらかといえば、後述する might に近いです。

肯定文
They could be closed today.
あのお店は今日休みかもしれない

肯定文②
She could show up later.
彼女はあとで来るかもしれない

意味3、~してもよいですか?

「~してもよいですか?」と、許可を求めるときに使います。

can とまったく同様ですが、could を使うと can よりもより丁寧な意味合いになります。

疑問文
Could I ask you a question?
質問をしてもよろしいでしょうか

疑問文②
Could I get a “cheese burger meal” please?
チーズバーガーセットを1つ下さい。

疑問文③
Could you close the window please?
窓を閉めていただけますか

「Could I ~?」とすると「(私が)~してよろしいですか?」という文、

「Could you ~?」とすると「(あなたが)~していただけますか?」の文になります。

また、疑問文②の「Could I get ~?」は、レストランの注文などで使えるとても丁寧な表現です。

may

意味1、~かもしれない

推量の意味を表します。

肯定文
I may go surfing this weekend.
今週末サーフィンしに行くかもしれない

意味2、~して下さい※形式ばった場面でのみ使う

相手に「~していいです、~して下さい」と許可を与える場合に使います。

日常会話でこの言い方をすることはあまりなく、かなりフォーマルな場面でのみ耳にする表現です。

肯定文
You may start your exam now.
試験を始めて下さい

否定文
You may not wear sandals in this restaurant.
このレストランではサンダルは履かないで下さい。(≒当店ではサンダルでのご入店をお断りしております。)

意味3、~いたしましょうか?※May I のみ

May I ~ ? とすると、丁寧な依頼、申し出をすることができます。

疑問文
May I take your luggage?
お荷物お持ちいたしましょうか

might 

意味1、~かもしれない

推量の意味を表します。これまで出てきた could や may と比べると might の方が起こる可能性が低く、根拠の薄いあくまで”推量”というニュアンスが強いです。

肯定文
I might go to Japan next year.
来年日本に行くかもしれない

肯定文②
She might be pregnant.
彼女、妊娠してるかもしれないね。

must

意味1、~しなければならない

強制的な意味合いを持ち、「~しなければならない」と言いたいときに使います。

肯定文
You must finish your homework.
君は宿題を終わらせなければならない

肯定文②
Sorry,I must go home tonight.
ごめん、今夜は家に帰らなきゃいけないんだ。

意味2、~に違いない

might や may と同じように推量の意味も持ちますが、 must の場合”自分のなかで確信があるとき”に使い、「~に違いない」という意味になります。

肯定文
She must be pregnant.
彼女は妊娠しているに違いない

肯定文②
You must be John.Nice to meet you.
あなたはジョンに違いない。会えて嬉しいわ。

②の表現は、例えば親友の旦那など、”噂には散々聞いていたけど会ったことはなかった人”に初めて会ったときに使う、ドラマなどでは定番の言い方です。

意味3、~してはいけない※否定文のみ

must を否定文にすると、「~してはいけない」という禁止の意味になります。

否定文
You must not swim here.
ここで泳いではいけない

普通に考えれば、

「~しなければならない」の否定は

「~しなければならなくない」

→「~しなくてもよい」

となるべきところですが、must not は例外的に『禁止』の意味になるので、覚えておく必要があります。

have to

意味1、~しなければならない

must と同じく、「~しなければならない」という義務を表します。

肯定文
I have to finish my homework today.
今日は宿題を終わらせなければならない

否定文
I do not have to finish my homework today.
今日は宿題を終わらせなくてもよい

疑問文
Do I  have to finish my homework today?
今日は宿題を終わらせなければいけませんか?

have to を否定文や疑問文にするには、一般動詞と同じ要領で行えばOKです。

have to の便利なところ

have to の便利なのは、be able to と同じくどんな時制でも使えるところです。

特に、「~しなければならなかった」という過去のセンテンスでよく使われます。

例:
I lost my cell phone,so I had to buy a new one.
携帯をなくしてしまったので、新しいのを買わなければいけなかった。 

should 

意味1、~すべき

「~した方がいいよ」という、提案やアドバイスを行うときに使われます。

肯定文
You should have a haircut.
髪を切ったほうがいいよ

否定文
You should not have a haircut.
髪を切らないほうがいいよ

疑問文
Should I have a haircut?
髪を切ったほうがいいかな?

should not は、shouldn’t と短縮することが多いです。

shall

意味1、~しますか?

shall には「~します」という意味がありますが、通常、会話では疑問文でのみ使われます。

また、主語は I か We のみです。

疑問文
Shall I open the window?
窓をお開けしましょうか

疑問文②
Shall we take a taxi?
(私と一緒に)タクシーに乗りませんか

「Shall we ~ ?」は、相手の Yes を前提とした確認に近い質問なので、「Let’s ~ .」(一緒に~しよう) と同じ意味として扱われます。

Shall we take a taxi?
Let’s take a taxi.

will

意味1、~だろう

will は未来を表すことができ、今この瞬間決めたことや、意見に基づく予言・推測に使われます。

肯定文
I will call you later.
あとで電話するよ。

肯定文②
It will rain soon.
そのうち雨が降るだろう

否定文
It will not rain today.
今日は雨は降らないだろう

未来の表現の仕方には、 will の他にもいくつか種類があります。詳しくは、「英語の未来形-今日からできる未来の文の作り方3パターン」を読みましょう。

意味2、~してくれる?※Will you のみ

Will you ~? とすると、依頼のニュアンスになります。

疑問文
Will you stop talking?
おしゃべりやめてくれる

先生が生徒に対して使うような、少し上から目線の言い方ですので、丁寧に言いたい場合には Could you ~ ?  や Would you ~ ? を使う方が無難です。 

would

意味1、(もし××なら)~だろう

will よりも遠回しなニュアンスを持ち、少し現実的でない話をするときによく使われます。

肯定文
If I had money,I would buy a car.
もし僕にお金があったら、車を買うだろう

否定文
If I were you,I would not say that to her.
もし僕が君だったら、彼女にそんな事言わないよ。

疑問文
What would you buy if you had lots of money?
もしお金がたくさんあったら何を買いますか?

口語では would not は、wouldn’t と省略されることが多いです。

意味2、~してくださいますか?※Would you のみ

Would you ~? は、とても丁寧になにかを依頼する際に使います。

疑問文
Would you marry me?
僕と結婚してくださいますか

Could you ~ ?Would you ~ ? の違い

どちらも丁寧な依頼をする際に使う「Could you ~ ?」と「Would you ~ ?」ですが、そのニュアンスには微妙に違いがあります。

「Could you ~ ?」はもともとの”(能力的に)~できる”という意味から、「能力・物理的に可能かどうか」を尋ねていて、

一方「Would you ~ ?」はもともとの”(意志的に)~だろう”という意味から、「申し出を受け入れる意思があるかどうか」を尋ねています。

used to

意味1、昔~していた事がある

「現在は行っていない、過去の習慣」を表します。否定文にすると反対に、「過去は行っていない、現在の習慣」を表すこともできます。

肯定文
I used to live in Nagano for 2years.
、2年間長野に住んでいたことがある

否定文
People didn’t use to have smart phones.
人々は、 スマホなんて持っていなかった

疑問文
Did you use to go there?
以前、その場所には行っていましたか?

 

助動詞を使ううえでのルール

助動詞のルール

最後に、助動詞を使ううえでのルールをご紹介します。

守らなければならないルールは、以下の3つです。

  • 助動詞のうしろには必ず動詞
  • 助動詞のうしろの動詞は必ず原形
  • 助動詞は複数重ねることができない※ただし例外あり

Rule1.助動詞のうしろには必ず動詞

助動詞はその名の通り”動詞を助ける”ために存在するので、動詞とセットである必要があります。

× You must your homework finish.
You must finish your homework.

 Rule2.助動詞のうしろの動詞は必ず原形

助動詞がくっついた動詞は、必ず『原形』になります。

× You must finished your homework.
× You must finishing your homework.
You must finish your homework.

 Rule3.助動詞は複数重ねることができない※ただし例外あり

1つの文で2つ以上の助動詞を重ねて使うことはできません。

× I will can speak English soon.

ただし例外として、

  • be able to
  • have to

この2つはその他の助動詞と一緒に使うこともできます。

I will be able to speak English soon.
   私はいまに英語が話せるようになるだろう。

まとめ

英会話で必要な助動詞を一挙にまとめて解説しました。

この量を丸暗記しようとするとかなり大変だと思いますが、使っていれば自然と覚えてゆくものです。

まずは 「might」や「should」などの比較的意味の分かりやすいものから順番に、機会があれば積極的に使いながら徐々に覚えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

”3.75倍速”で英語を伸ばして「仕事」も「プライベート」も豊かにするために必要な全知識

ごく一般的な日本人が、英語力0の状態から、英語を話せるようになって海外旅行も映画も洋楽もストレスフリーで楽しめるようになるまでに必要な方法論と知識を、無料メルマガにて発行しています。

●日本人に足りない”3つ”の要素

●丸暗記しないで単語力を増やす方法

●簡単に効率よく英語の発音を上達させるコツ

●一瞬で分かる from と to の使い分け方

●一瞬で分かる hear と listen の違い

●Youtubeを活用した無料リスニング上達術

などなど、ここだけで読めるお得情報満載。

僕自身、英語力0からTOEIC950点を取るという経験をしたので、「今の自分の英語力に自信がない」という人にこそ読んでほしいです。

今なら登録特典で「たった5日間で中学英語の大事なとこだけしっかり復習できちゃう本(E-book)」も無料プレゼント中。

この機会にぜひご登録ください。


メルマガを読む(無料)

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*